チリを目指して500㎞

エルチャルテンを朝に出発し、チリにあるもうひとつの目玉「パイネ国立公園」を目指した。500kmを超えるロングドライブだ。 チリ側は未舗装道路。無事国境を越え、今日中にたどり着くことができるだろうか?

スタートしていきなりワシに遭遇。

川の流れもこんな色。

100km四方何もない平原で、ニャンドゥーを撮ろうと道端に車を止めたら、パトカーに職質された。

ニャンドゥーとは、体高1.5m位のダチョウのような飛べない鳥のこと。 パトカーがクラクションで追っ払ったため、逃げ惑っている。おそらく道路沿いに張り巡らされている柵を越えた動物が、車に轢かれるのを防ぐためだろう。

ドライブインでの昼食は、恐ろしくでかい羊肉のハンバーガー。 ミンチではなく、細切れの薄切り肉を固めた感じ。 店員が、ケチャップとマスタードとマヨネーズを出してくれた。

広大な草原に、時折り羊の群れを見かける。 いったいどこからが牧場で、どこまでが牧場なのか・・・

真っ白な塩湖を発見。水深はせいぜい数十センチくらいだろうか。 水面の黒い点々は水鳥である。

チリへ入国するためにルート40を外れると、道はダートとなる。 この道を8km行くと、アルゼンチンの入出国管理所があるのだが、なんと欧米人がひきりなしに出入りするのに、英語がまるで通じない。 旅行者に英語で通訳してもらうものの、難しい単語が多くて難儀した。

出国したあと、さらに数km行くと、写真にあるチリの入出国管理所に辿り着く。 アルゼンチン同様、入国も出国も同じひとつの窓口で手続きをするのだが、団体バスツアー客とかち合ってしまい、20人ほどの順番待ちとなった。

チリの方は英語が比較的通じたので手続きは手こずらなかったが、手荷物にフルーツはないかと尋ねられたため、リンゴを持っていると申告してトランクを開けて見せたところ、リンゴはもとよりミックスナッツも没収された。 ミックスナッツに入っているレーズンが持ち込み禁止物にあたるのだそうだ。 でも、バナナチップスとあんずのドライフルーツはOKだった。

タグ:

Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

Copyright (C)  Takahiro Takenouchi. All rights reserved.